子供の病気ガイドラインのTOPに戻る


クループ症候群

子供がのどに炎症を起こしてしまう病気で、
「クループ症候群」という病気があります。
何やらクレープと間違いそうですよね。

それではクループ症候群の症状や治療法について
お話を進めていきたいと思います。

【クループ症候群の症状】
別名「急性喉頭炎」とも呼ばれ、
喉の奥の声帯のある部分が炎症を起こして腫れ、
空気の通り道を塞いでしまう病気です。

最初は普通の風邪のような症状です。
発熱や咳、鼻水などが2、3日続いた後、
犬がほえるような「バウバウ」という
咳が出るようになり、声が枯れてきます。

ひどくなってくると、首の下や胸がへこんでしまうほど、
苦しい呼吸困難な状態になってしまいます。

特に夜に悪化する傾向があるので、
クループ症候群に感染している時は、
夜間でもすぐに病院に行けるように注意しておきましょう。
窒息してしまうこともあるので、
様子がおかしいな、と思ったらすぐに受診するようにしてください。

通常では、4日から1週間程度で回復します。

ウィルス性のものは生後6ヶ月〜3才位の子供に多く、
細菌性のものは、3才〜6才くらいに子供に多い傾向があります。
ウィルス性のものの方が、軽症で済むことが多いようです。

【クループ症候群の治療方法】
お家でのケアは、通常の風邪の時と同じです。
咳が多い病気なので、水分をしっかり与え、
加湿器などを使って喉の負担を少なくしてあげましょう。

冷たい食べ物や、空気もよくありません。
喉に刺激を与えないように注意してあげましょう。

刺激の強い食べ物は、
咳を誘発してしまうので避けた方が良いでしょう。

また、大泣きしてしまうと、
喉の安静を保つことができずに、
症状が悪化しまう場合もあるので、
できるだけ安静を保つことができるように気をつけてくださいね。

関連コンテンツ

「おたふく風邪」の症状や予防接種、治療方法について

おたふく風邪はその名の通り、 ほっぺたがプク〜っと、とふくらみ、 おたふくのような顔になる子供に多い病気です。 おたふく風邪ウィルス(ムンプスウィルス)に 感染して起こる病気で、 潜伏期・・・

腸重積の原因や症状について

ウイルスによる感染症と考えられている 病気には様々なものがありますが、 「腸重積」という病気をご存知ですか? 【腸重積の症状】 症状は、激しい腹痛が起こるため、 突然ひきつけるように泣き・・・

溶連菌感染症の症状や治療方法について

子供の感染症には様々なものがありますが、 「溶連菌」という聞き慣れない病気があります。 「ようれんきん」と読みます。 溶連菌とは、「溶血性連鎖球菌」の略です。 溶血性連鎖球菌が喉などに感染・・・

小児肺炎の症状や治療法について

ここでは小児肺炎に多い症状や治療法を ご紹介させていただきます。 肺炎は、息を吸った時に肺炎の菌が 気管支の先端の肺胞にまで到達して、 炎症を起こしてしまった状態のことをいいます。 ・・・

小児の尿路感染症の症状や予防策について

尿路感染症とは、尿の通り道である、 腎臓、尿管、膀胱、尿道などに大腸菌などの 細菌が感染して、炎症を起こす病気です。 【尿路感染症の見極め方】 子供が発熱すると、まず風邪を疑うと思いますが・・・

手足口病の症状やケアについて

ウイルスが原因の感染病のひとつに、 「手足口病」という病気があります。 手足口病の原因となるウィルスは1種類ではなく、 コクサッキーA郡ウィルスや、エンテロウィルスなど、 複数のウィルスが・・・

感染症のヘルパンギーナの症状や治療方法について

子供が夏に多くかかりやすいウイルス感染症に、 「ヘルパンギーナ」というのがあります。 ここでは、ヘルパンギーナについて詳しく ご説明をしたいと思います。 【ヘルパンギーナの原因】 1・・・

水いぼの治療方法

子供がプールなどで、感染しやすい病気に、 水いぼというのがあります。 水いぼの正式名称は、伝染性軟属腫といい、 伝染性軟属腫ウイルスに感染することが、 原因でいぼになるのです。 見た・・・

川崎病の原因や症状、治療法について

川崎病という病気をご存知でしょうか。 この病気は、 未だに原因が解明されていない病気です。 日本人や韓国人など、 アジア系の人に多く見られる病気で、 1才前後から5才頃までの子供に多・・・

インフルエンザ脳症の薬害問題や症状について

インフルエンザに感染した後にかかることが多い、 インフルエンザ脳症は、子供が突然意識障害を起こしたり、 痙攣をしたりする病気に脳炎や脳症があります。 毎年数百人の子供が発病し、 死亡率は5・・・

子供だけでなく大人もかかるりんご病の症状について

ほっぺたがりんごのように真っ赤になる、 りんご病ですが、これは、 ヒトパルボウイルスB19という、 ウイルスの感染による病気です。 【りんご病の症状】 初夏から秋にかけて、5才〜9才の子・・・

水ぼうそうの症状や予防接種について

とても感染力の強い「水ぼうそう」は、 水ぼうそうにかかっている他のお子さんと 肌が触れたり、すれ違ったりしただけでも 感染してしまいます。 生後間もない赤ちゃんにもうつる可能性があり、 ・・・

はしかの症状や予防接種について

小さな子供がかかると心配な病気の1つに、 「はしか」があります。 はしかは感染力がとても強く、 かかると重症化することもあります。 潜伏期間は10〜12日で、 咳やくしゃみなどの飛沫・・・

ロタウイルス感染症の症状やケアについて

生後5ヶ月〜2才ごろまでの子供に多く見られる、 ウイルスが原因の病気に、ロタウイルス感染症 という感染症があります。 冬の下痢や嘔吐の原因となるウィルスは、 7〜8割がロタウィルスによるも・・・